総合図書目録

単行本/不動産・国土【1件中1】

公共補償基準要綱の解説

編・著者
編著//公共用地補償研究会
解説
公共用地補償実務者のための必読の書!!

「公共補償基準要綱」を解説する唯一の書!!

公共施設等に対する補償は一般的に公共補償といわれ「公共事業の施行に伴う公共補償基準要綱」と「公共補償基準要綱の運用申し合わせ」に基づき実施されている。
本書では最新の内容を盛り込み解説している。
仕様
A5判・280頁・ISBN978-4-8028-3114-7・385g
定価3,564円
(本体3,300円)
コード
3114
発行日
2013年07月10日
目次
第1 要綱成立の経緯
 1 はじめに
 2 公共用地審議会について
 3 審議経過及び答申提出から閣議決定まで
第2 審議会の答申の概要
第3 要綱の概要 
 1 答申との関係
 2 要綱の構成
 3 要綱の性格及び施行について
第4 逐条解説
 第1章 総則(第1条-第5条)
 第2章 既存公共施設等に対する補償
     (第6条-第15条)
 第3章 公共施設等の損傷等に対する
     費用の負担(第16条-第19条)
付録 参考資料
関連図書
公共用地の取得に伴う損失補償基準要綱の解説
木造建物調査積算要領の解説
明解 事業損失の理論と実務

 

このサイトは、ベリサイン・セキュアサイトです。プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。