総合図書目録

単行本/法律一般【1件中1】

法学概論

編・著者
澤登俊雄・関野昭一・飯倉一郎■共著
解説
法というものの考え方の生成発展の段階を歴史的に考察し、実定法の解釈・運用がどのように変化してきたかを歴史的観点を含めて考察した法学の入門書。
仕様
A5判・上製函入・230頁・480g・ISBN978-4-8028-9712-9
定価2,200円
(本体2,000円)
コード
9712
発行日
1976年03月25日
目次
第1章 社会と規範
第2章 法の目的
第3章 法の定立・適用・執行
第4章 国家と憲法
第5章 国民主権
第6章 永久平和主義
第7章 権力分立
第8章 基本的人権
第9章 地方自治
第10章 市民社会の法
第11章 犯罪と刑罰
第12章 公害法
第13章 社会法
第14章 国際社会と法
関連図書

 

このサイトは、ベリサイン・セキュアサイトです。プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。