総合図書目録

単行本/法律一般【1件中1】

民法(債権)

編・著者
大路博美・宇都宮充夫■共著
解説
国民生活の一般的範力である民法を、法社会学的見地からとらえ、先に刊行した「総則・物産」の続編として「債権」についても、判例を用いつ詳しく解説。総論においては債権の目的や効力等を、各論においては契約各論や事務管理、不当行為等をとりあげた。
仕様
A5判・360頁・447g・ISBN978-4-8028-9815-7
定価4,271円
(本体3,883円)
コード
9815
発行日
1994年06月10日
目次
第1編 債権総論
第1章 債権とは何か
第2章 債権の目的
第3章 債権の効力
第4章 多数当事者の債権
第5章 債権譲渡
第6章 債務引受
第7章 債権の消滅
第2編 債権各論
第1章 契約総論
第2章 契約各論
第3章 事務管理
第4章 不当利得
第5章 不法行為
関連図書

 

このサイトは、ベリサイン・セキュアサイトです。プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。